バスタブで「熱海温泉」を堪能 「再現」にこだわった入浴剤

印刷

   バスクリンは、温泉タイプ入浴剤「日本の名湯」に、新アイテム「熱海」を加え、「日本の名湯 くつろぎ美人湯(アソートタイプ)」を2013年9月9日に発売した。

香りも再現する

人気温泉リゾート熱海が追加
人気温泉リゾート熱海が追加

   「日本の名湯」は本物の再現にこだわり、開発者自らが各温泉地へ足を運び、様々な情報を収集し、それぞれの「湯質」と「温泉情緒」をできるだけ忠実に再現した本格派の温泉入浴剤だという。各温泉地との共同企画のもと、歴史・文化・景観を現地調査し、温泉地の情緒を「湯色」と「香り」で表現しているのが特徴だ。

   「日本の名湯 熱海」は「日本の名湯」シリーズの16番目の商品で、爽やかな海の香りと、山々の新鮮な果実と花の香りが漂うそうだ。湯色は、熱い湯と綺麗な花々や海上花火を想わせる赤橙色の湯(透明タイプ)になっている。

   価格は1050円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中