2021年 6月 20日 (日)

【バンコク発】世界注目のタイの奇祭へ参加 観光客も一緒に楽しむ「ゆる~い」魅力とは?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   高い関税にも関わらず高級車が走り、昼から高級寿司を食べ、夜はワインというバンコクのお金持ちタイ人の暮らしを見るにつけ、これがバブルってことでは?と感じていたのですが、最近タイでブームなのが自転車。街中で"高級"自転車に乗る若者をよく見かけます。暑いのも歩くのも、日焼けするのも嫌いなタイ人が、、、と秘かに驚いていたのですが、そういった思考は、タイ人の旅先選びにも表れているようです。

メコン川の古都チェンカーンの魅力

木造建築が軒を連ねるレトロな雰囲気
木造建築が軒を連ねるレトロな雰囲気 夜にはぐっと雰囲気を増す
夜にはぐっと雰囲気を増す

   旅行好きのタイ人の間で、次の旅先として人気を集めているのが、バンコクから北へ約450km、チェンマイとノンカイの真ん中にあたるメコン川沿いの国境の町、チェンカーンです。木造の民家が軒を並べるレトロな街並みは、ドラマなどのロケにも使われたりしているそう。全長わずか2Kmほどの小さな町で、有名なのは、町から5Kmほどのメコン川のビュースポット「ゲーン・クックー」と、雲海が見下ろせる山「プー・トーク」(11月~2月のシーズン以外は閉まっている場合も)、綿の栽培がさかんで、布や布団が名産です。人工的な名所は特になく、町には大きなホテルもショッピングモールもありません。

   それでも、メコン川沿いの木造家屋はほとんどが趣を残しながら改装されていて、小さなゲストハウスか、ギフトショップに生まれ変わっています。陽射しが強くなる昼間はどこも店を閉めてしまうので、実際に町が動き始めるのは、夕方を過ぎたころから。観光客を狙ったナイトマーケットと、地元の人たちの夕食とおしゃべりの時間が過ぎていきます。

   町をよく見ていると、ショップを手伝っている若者たちがみんなおしゃれなのに気づきます。バンコクで働いていたけれどのんびりしたいから来たという子や、フォトグラファーや絵描きなどのアーティスト(や自称アーティスト)が多く、レトロな町並みの中に、ちょっと面白い風が吹いている感じ。そのあたりもこの町が注目されている要因なのかもしれません。

【プロフィル】
美濃羽佐智子(みのわ・さちこ)
出版社の編集を経てフリーの編集・ライターに。旅・フード・ファッションをフィールドに活動。現在はタイと日本を往復しながら、タイの面白いこと、美味しいことをさまざまなメディアに寄稿中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!