【書評ウォッチ】バカ増え「階級社会」進む ネットでは「世の中まったく変わりません」

印刷

   インターネットによって社会と暮らしがどう変わるかのは、少し前までよく語られるテーマだった。バラ色の未来論者も強引な否定派も、戸惑う人の疑問にはっきりとは答えきっていない。そこを「ほら、これが現実だよ」と指し示す本が出た。『ネットのバカ』(中川淳一郎著、新潮新書)が読売新聞に。

   内容は明快だ。「バカが増える一方」「身もフタもない現実を直視せよ」と、ネットがリアル社会の格差をむしろ拡大する面を激しく追及。少なくとも現時点の解答として立派に成立、新時代の泳ぎ方・考え方を提起する。【2013年9月15日(日)の各紙からⅠ】

誰もが平等に活躍できる場ではない

『ネットのバカ』(中川淳一郎著、新潮新書)
『ネットのバカ』(中川淳一郎著、新潮新書)

   ツイッターやフェイスブック。おかげで自分の考えを世界に発信できる、友人がいっぱいできる。これまではマスコミから一方的な情報を受けるだけだったのに、誰もが発信元になり、意見の交換もできる。画期的な変化であることは間違いない。が、変化の先にあるものを、本はクールに見すかす。

   「そりゃあいいね! それで世の中まったく変わりませんが」。インターネットは誰もが平等に活躍できる場ではけっしてないことを、本は実例をあげながら解説していく。

   ブログの閲覧数やツイッターのフォロワー数は有名人が圧倒的に多い。一方には、はまりすぎて人生を誤る人も。有名人に貢ぎ続ける信奉者、課金ゲームにむしられる中毒者……「99.9%はクリックする奴隷」「ネット階級社会」と言い切るハードな解説。ネットに翻弄される人や事件を直視していくと、著者の主張は説得力をいちだんと帯びる。

会って飲んだらいいじゃないか

   そういえば、オークションサイトで品物を落札したと嘘の情報をブログに書き込んだタレントや芸能人がいた。あれなどは、ネットを悪用したインチキ広告。だまされた人がいけないではすまされない、ネットの闇だ。書物をふくめたカスタマーコメントや「星いくつ」などの採点・評価も、関係者の自作自演がまかり通ってしまう可能性がある。

   『ネットのバカ』では、終章で「本当にそのコミュニケーション、必要なのか?」と、冷静な対処を呼びかける。そのうえで、人間関係は現実の中にこそある点を強調している。会って話し合い、いっぺん飲んだらいいじゃないかというわけだ。書評は無署名の15行。

   ほかには『「視聴率」50の物語』(ビデオリサーチ編、小学館)が日経に。

   テレビにかかわってきた演出家、放送作家、司会者らの話をまとめた。視聴率の功罪をめぐる多様な考え方。これも現実の暮らしとは離れた世界かもしれない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中