オーテク初のBluetoothスピーカー 「子機」通話もできる「TELE-JUKE」

印刷

   オーディオテクニカは2013年9月20日、同社初のBluetooth(ブルートゥース)スピーカー「TELE-JUKE(テレジューク) AT-SP03BT」を発売。価格はオープンだが、想定実売価格は1万円前後とみられる。

「デジタルアンプ」搭載

「TELE-JUKE AT-SP03BT」(ブラック)
「TELE-JUKE AT-SP03BT」(ブラック)

   Bluetooth A2DPに対応する機器の音楽がワイヤレスで楽しめるスピーカー。最大出力は1.2+1.2ワットで、デジタルアンプを搭載し「ゆがみの少ない再生音」が聞ける。

   スピーカーにはクレードルに置くだけの無接点充電方式を取り入れたほか、接続機器の曲送り・戻し/再生・停止/音量調整や通話の操作が可能となっており、自宅電話の子機のようなスタイルで通話できるハンドセット機能や、手ぶらで話せるハンズフリー機能を持つ。マルチペアリングに対応し、最大8台までの機器登録が行える。

   カラーは、ブラック、レッド、ホワイトの3種類。スピーカーのみのサイズは幅180×高さ50×奥行き40ミリ、重量は約220グラム。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中