2018年 7月 18日 (水)

扇風機が暖房機に変身? 両方使える シャープ「ヒートイオンファン」

印刷

   シャープは2013年9月20日、冬は暖房機、夏は扇風機として使える「プラズマクラスターヒートイオンファン PF-FTH1」を発売。価格はオープンだが、想定実売価格は5万円前後とみられる。

省スペース設計

「PF-FTH1」(ホワイト系)
「PF-FTH1」(ホワイト系)

   「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載し、浮遊カビ菌の除菌や気になるニオイを脱臭。部屋の空気を浄化する。また、冬は温風で足元を暖めるスポット暖房機として、夏は扇風機として使える温風・送風機能を備える。キッチンや脱衣所などで使えるように省スペース設計とした。

   また「みはり機能」では、ウイルスが生存しやすい冬の乾燥・低温状態や夏の高温・高湿状態を温度・湿度センサーが検知し、光と音で知らせてくれる。

   安全面では、熱を発生するヒーターや回転する羽根が外部に見えない構造を取り入れたほか、温風運転時に本体が倒れると運転を停止する転倒自動停止機能、運転開始後8時間経過すると自動で停止する切り忘れ防止機能などを用意した。

   カラーは、ホワイト系とベージュ系の2種類。サイズは幅260×奥行き270×高さ720ミリ、重量は約6.7キロ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中