2019年 11月 22日 (金)

「運の良い人」5つの共通点とは 「幸運の女神」はこうして振り向かせる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京五輪・パラリンピックの招致が決まり、「安倍晋三首相は運がいい」という声が聞かれる。6年前、健康問題を理由に退陣した時は「不運」といわれたが、今では「運も実力のうち」とほくそ笑んでいるのではないか。宝くじの当たり外ればかりではない、こうした運の良し悪しは一体どこからくるのか。幸運の女神を引き寄せる方法はないものか。J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中

「運がいい」を手に入れるキーワード

『飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?』
『飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?』
『飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?』

   35歳で初めて就職。2度の離婚。シングルマザー。子育てと仕事の両立。多くの困難を乗り越え、広告業界で輝かしい業績を残し「ビッグママ」と慕われる――著者のプロフィールの一端である。退職後のいまもフリ―のPRプロデュサーとして活躍中だ。そんな半生を「ひと言でいえば、運がよかったから」と振り返る。ただし、「運のよさ」は、偶然によってもたらされたものではない。

   サンマーク出版の『飯野さんって、どうしてそんなに運がいいんですか?』(著・飯野晴子、1470円)は、著者が心掛けてきた「運のよさ」を手にいれるためのコツを伝授しようというものだ。といっても、特別難しいことではない。いちばん大事にしたいキーワードは「つながり」だという。体験に基づいてやさしく解説する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!