セナ「最速」の走りを追体験できる ホンダサイトで「24年前のエンジン音が甦る」

印刷

   ホンダは2013年9月27日、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダMP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータをもとに、そのエンジン音や走行軌跡を3DのCG映像で体験できるWebコンテンツ「3D-View」を、インターナビのWebサイト「dots lab by internavi」で公開した。

当時のデータもとに走行軌跡など再現

3D-Viewイメージ
3D-Viewイメージ

   1989年のF1日本グランプリ予選で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットの当時最速ラップをたたき出した。その際に記録された実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析。そのデータをもとに再現したエンジン音と、3DのCG表現技術によってよみがえらせた走行軌跡を、「Fixed」「Bird's eye」「Onboard」などさまざまな視点から楽しむことができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中