2018年 7月 17日 (火)

東京メトロの制服着た自分が3Dフィギュアに? 抽選で20人に限定販売

印刷

   東京メトロは2013年11月10日、同社の制服を着た本人のオリジナル3Dフィギュアの限定販売を、車両基地イベント「東京メトロファミリーパーク2013 車両基地イベント in AYASE」で行う。

オプションで合図灯、メガネなども

事前申し込みが必要
事前申し込みが必要

   綾瀬車両基地(東京・足立区)で行われる同イベント内の企画の1つ。普段は着ることのできない東京メトロの制服を着て、3Dスキャナーで撮影し、3Dプリンターで出力することで、自分そっくりのオリジナルフィギュアが作れる。運営・制作プロデュースは、青山3Dサロン。

   S(高さ15センチ、重さ150グラム)・M(20センチ、300グラム)・L(25センチ、800グラム)の3サイズがあり、価格はそれぞれ5万400円、6万5100円、10万500円。合図灯(無料)やメガネ(5250円)、各サイズに応じた専用アクリルケース(8400円~1万2600円)がオプションとして用意されている。

   事前申し込みが必要で、抽選で20人のみ参加できる。10月18日15時まで、電話(03-5785-1415)または特設サイトで受け付け中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中