2018年 7月 17日 (火)

220度の「パノラマ映像」撮影 「ミラー型ドライブレコーダー」

印刷

   サンコー(東京都千代田区)は2013年10月3日、自動車のルームミラーに設置して走行中にパノラマ映像が撮影できる「220度パノラマ映像ミラー型ドライブレコーダー」を発売した。価格は1万7800円。

4.3インチの液晶モニター搭載

「220度パノラマ映像ミラー型ドライブレコーダー」
「220度パノラマ映像ミラー型ドライブレコーダー」

   2個のカメラレンズを搭載し、2つのカメラ映像を自動合成することで、ほぼ境目が無い視野角約220度の「パノラマ映像」が撮影できる。

   ルームミラーに取り付けて、シガーソケットとつなぐだけ。エンジンをオンにすると、自動で撮影が始まる。カメラは角度調整が可能。4.3インチの液晶モニターを備えるが、手動でオフにすることもできる。バックミラーとしての機能も持つ。撮影した映像を家庭のテレビなどで確認できる。

   サイズは幅275×高さ99×奥行き54ミリ、重量は353グラム。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中