京都・嵐山、元気回復 支援に感謝 旅館や飲食店は通常の営業再開

印刷

   台風18号による記録的豪雨で2013年9月16日に大規模な浸水被害にあった京都・嵐山地域では、紅葉が本格化する秋の観光シーズンを前に旅館や飲食店などの施設が営業を再開し、にぎわいを取り戻している。10月18日からは、27日までの予定で、各方面からの支援や励ましに感謝する「ありがとう、元気です!嵐山」のイベントも始まった。

深刻被害も地域の人やボランティア支援で復旧急ピッチ

●●●
営業を再開した渡月亭(上)と花筏

   嵐山の名所の一つ、渡月橋の南詰にある旅館「彩四季の宿 花筏」は、桂川からあふれた水が押し寄せ、当初は「先の見えない日々が続いた」という。しかし地域の人たちやボランティアの支援で急ピッチで復旧が進み10月5日には営業再開にこぎつけた。

   やはり渡月橋南詰にあり、重要設備がほぼすべて使用不可という事態に見舞われた、老舗料理旅館として知られる「渡月亭」では、嵐山の風景を一望できる露天風呂を備えた客室がある「碧川閣」など一部施設の営業を10日から再開。11月中~下旬に見ごろとなる紅葉シーズンに間に合わせることができた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中