2018年 7月 23日 (月)

20%小型化し内蔵電池容量は40%増 スティックタイプのUSBポータブル電源

印刷

   ソニーは2013年10月25日、従来品と比べてほぼ同質量ながら、体積を約20%小型化し、内蔵電池容量を約40%アップした、コンパクトなスティックタイプのUSBポータブル電源「CP-V3」を発売した。

約1000回繰り返し使用可能

「CP-V3」(ホワイト)
「CP-V3」(ホワイト)

   スマートフォンを約1回分充電できる2800mAh(ミリアンペア時)のリチウムイオンポリマー電池を内蔵しているため、外出時に電池切れした際の予備電源として使うことができる。約1000回繰り返し使用できる。また、最大5V/1.5AのUSB出力対応により、スマートフォンに急速充電が可能。

   電池の残量目安はランプの点滅回数(4段階)で知らせる。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、クリームブルー、クリームピンク、レッドの5色。市場推定価格は2500円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中