コンパクトなのに「ビッグ」な走り ヤマハのスクーター「マジェスティS XC155」

印刷

   ヤマハ発動機は2013年10月30日、新開発の155ccエンジンを搭載した軽二輪スクーター「マジェスティS XC155」を発売する。

新開発の155ccエンジン

名機「YP250」をコンパクトに
名機「YP250」をコンパクトに

   1995年の初代モデルから現在に至るまで、ビッグスクーターとして高い支持を得てきた「マジェスティ YP250」の走行性能とデザインを受け継ぎ、都市部で扱いやすいようにコンパクトに仕上げた。

   新開発の155ccエンジンは水冷・4ストローク・FIのCVTエンジン。出力の扱いやすさ、幅広いトルク特性、そして加速の良さが特長。

   ユニットスイングには「プログレッシブピボットマウント」という、現行の「マジェスティ YP250」と同じ構造を採用し、「ダイレクト感のある操縦性を感じられる」。

   シート下のスペースはとても広く、フルフェイスのヘルメットを入れてもまだ雨具などを入れる余地がある。

   「Advance Sporty Deluxe」というデザインコンセプトを掲げ、流れるようなボディライン、スポーティな大型ヘッドランプ、抑揚のあるコンパクトなリアボディに仕上げた。 希望小売価格は34万200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中