ヴァニラ初の自伝的エッセイ「超整形美人」発売&握手会

印刷

   まぶたを二重にする整形手術を18歳で初めて受けてからこれまで、総額2000万円以上をかけ30回を超える整形を繰り返してきたヴァニラ(年齢不詳)。そのヴァニラの初の自伝的エッセイ「超整形美人」が2013年11月7日に竹書房から発売される。200ページで価格は税込み1365円。

「生けるフランス人形」目指した過去を告白

「整形プチカタログ」も収録
「整形プチカタログ」も収録

   7日には東京・新宿の「福家書店 新宿サブナード店」で18時30分から「超整形美人」刊行記念・ヴァニラ・サイン本お渡し&握手会が開催される。

   同書は子供のころに「ブサイク」と言われイジメを受けていたヴァニラが整形することを決意し、究極の美「生けるフランス人形」を目指した過去が明かされるほか、日本ではまだ後ろめたさもある整形について、「美しくなるために努力することの何が悪いの?」とその正当性を説く。撮り下ろし写真もふんだんに掲載。東京美容外科監修の「整形プチカタログ」も収録されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中