スマホで「家族の帰宅」確認できる 「エコで快適」なパナソニック「エアコン」

印刷

   パナソニックは、従来の冷媒(HFC410A)に比べて地球温暖化係数が低く、冷暖房時のエネルギー効率に優れた新しい冷媒(HFC32)を採用し、その特性を活かしたデバイスの新設計で省エネ性能が向上したルームエアコン「Xシリーズ」を、2013年11月1日から順次発売する。

「節電リズム気流」を新たに搭載

熱交換器や圧縮機、室内機の吸込み口などを新たに設計!(写真は、「CS‐X404C2‐W」)
熱交換器や圧縮機、室内機の吸込み口などを新たに設計!(写真は、「CS‐X404C2‐W」)

   新冷媒の特性を活かして熱交換を高効率化するために、熱交換器や圧縮機、室内機の吸込み口などを新たに設計することで、省エネ性能を向上。さらに冷やしすぎ、暖めすぎのムダを自動で省く「エコナビ」や、新たに搭載した「節電リズム気流」で、エコで快適な空気調整を実現した。

   また、気づいていなかった節電方法をメールでナビゲートする「お知らせリモコン」を新たに開発。便利な機能や運転状況などを知らせる。

   加えて、ブロードバンドルーターと別売の無線ゲートウェイ(CF‐TC7)、無線アダプター(CF‐TA9)を購入し、専用のアプリケーション「パナソニックスマートアプリ」をダウンロードすれば、スマートフォンとエアコンの「ひと・ものセンサー」の連携で、部屋にいる人の動きの有無を検知して外出先から家族の帰宅が確認できる(サービスの利用には通信費用が必要)。

   色は、クリスタルホワイト。

   オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中