コンパクト&スポーティなフィアット「500S」 シーケンシャルMTを積んだ限定版

印刷
500S Automatica
500S Automatica

   フィアットクライスラージャパンは2013年11月2日、コンパクトカー「500S(チンクエチェント エス)」の限定車「500S Automatica(チンクエチェント エス オートマティカ)」の取り扱いを始めた。

   ベースの「500S」は0.9LのTwinAirエンジンを搭載し、専用のフロント・リアバンパーや15インチアロイホイールを装備、インテリアにはブラック基調のスポーツシートやスポーツステアリングなどを採用した、コンパクトながらもスポーティに仕上げたモデルだ。

   これまでマニュアルトランスミッションのみの設定だった「500S」に5速シーケンシャルマニュアルトランスミッション「デュアロジック」を搭載した限定車が「500SAutomatica」。外装色は丸っこい外観にマッチしたカントリーポリタンイエローを採用している。

   100台限定で、価格は233万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中