2020年 9月 19日 (土)

薬のネット販売めぐり火花 意外に多い「危険な飲み方」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   薬のネット販売をめぐって、厚生労働省と楽天の三木谷浩史会長兼社長が火花を散らしているが、要は安全性をどう担保するかだ。薬は間違った飲み方をすれば、効き目がないばかりか、深刻な副作用を引き起こすことがある。そんな被害に遭わないために、上手に付き合う法とは。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

風邪で薬を出す医者は信用できない?

風邪ですぐ薬を出す医者はNG
風邪ですぐ薬を出す医者はNG

『死ぬときに後悔しない 医者とクスリの選び方』

   「名医かヤブか。良薬か毒薬か。どうやって見分けますか」と聞かれても多くの人は自信がない。医者や薬の世話にはなりたくないと思っても、そうはいかない。そこで、長生きするために医者とクスリの正しい選び方を伝授しようというのが、アスコムからの『死ぬときに後悔しない 医者とクスリの選び方』(著・岡田正彦、1155円)である。

   風邪を引いたと医者へ行けば薬をくれるが、風邪ですぐ薬を出す医者は信じてはいけない。原因はストレスですという医者にも用心だ。漢方薬は体にやさしいというが、これはウソ。血圧の薬はいつやめても大丈夫だそうだ。薬漬けにされ、健康を害しているたくさんの高齢者を見てきた予防医療学の専門家がそんな50の鉄則を教える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!