2020年 7月 11日 (土)

英語でスピーチを格好良く TOEIC満点も夢じゃない

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   東京五輪招致での安倍晋三首相らの英語のスピーチが話題を呼んだが、英語がまたブームのようだ。公用語を英語にした会社もあるし、小学3年からの英語教育も検討されている。グローバル化が進むなか、7年後のオリンピックを目標に今から始めてみませんか。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

日本人の間違いやすいポイント

マーク・ピーターセンの見るだけでわかる英文法
マーク・ピーターセンの見るだけでわかる英文法

『マーク・ピーターセンの見るだけでわかる英文法』

   文法はわかるが、会話ができないのが日本人の英語といわれるが、文法だって怪しいものだ。例えば、willとbe going toの使いわけ、使役動詞のmakeとhaveの違い、名詞につくtheとaの区別など、わかっているようで、ちゃんとわかっていないことが少なくない。アスコムからの『マーク・ピーターセンの見るだけでわかる英文法』(著・マーク・ピーターセン、1050円)は、ベストセラー『日本人の英語』で知られる著者の新刊で、日本人が間違いやすいポイントをわかりやすく解説する。

   著者はアメリカの大学で近代日本文学を専攻、1980年に留学生として来日し、日本人と日本語に精通しており、ツボを心得た指導法に定評がある。過去と現在完了、現在形と進行形、能動態と受動態など、イラストを使って基礎から楽しく学べるしくみだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!