2018年 6月 23日 (土)

デザイン違いの3種サブダイヤル搭載 オリエント「ワールドステージコレクション」新モデル

印刷

   オリエント時計は2013年11月22日、「ワールドステージコレクション カウントダウンクロノグラフモデル」1型3アイテムと、「ワールドステージコレクション クロノグラフモデル」1型3アイテムを全国発売する。

スポーツカーのスピードメーター、タコメーターをイメージ

「カウントダウンクロノグラフモデル」(左上)と「クロノグラフモデル」
「カウントダウンクロノグラフモデル」(左上)と「クロノグラフモデル」

   海外向けにも展開している「ワールドステージコレクション」シリーズから、新たにクロノグラフを搭載した2モデルが登場。

   「カウントダウンクロノグラフモデル」は、スポーツカーのスピードメーターやタコメーターをイメージした、3種類のサブダイヤル(24時間計、45分カウントダウン表示、通常秒針)を、3、6、9時位置に配置。大きさや色合いを変えて、それぞれ異なったデザインとし、視認性を高めている。また、ダイヤルにすき間の空いた時分針を採用し、サブダイヤルの針が隠れないようにした。価格は4万950円。

   一方「クロノグラフモデル」では太めの時針と細めの分針を利用したほか、サブダイヤルを6、9、12時位置に配置し、それぞれデザインに変化を付け、視認性を高めた。価格は、3万4650円。

   両モデルともダイヤルカラーには、ブラック、ブルー、レッドの3種類を用意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中