ホワイトボディーの一眼レフ「EOS Kiss X7」 ダブルレンズキットで登場

印刷

   キヤノンは2013年11月28日、APS-Cサイズセンサー搭載のエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」のカラーバリエーションとして「ホワイト」を新たに追加し、発売する。価格はオープン。

光沢を抑えたホワイト塗装

EF40mm F2.8 STM(ホワイト)装着時のEOS Kiss X7(ホワイト)
EF40mm F2.8 STM(ホワイト)装着時のEOS Kiss X7(ホワイト)

   同社のデジタル一眼レフカメラとして初となるホワイトボディーの「EOS Kiss X7」が登場。幅116.8×高さ90.7×奥行き69.4ミリ、重量約370グラム(本体のみ)という小型・軽量ボディーに、光沢を抑えたホワイト塗装を施すことで、高級感を保ちながら、軽快感がより引き立つデザインに仕上げた。

   標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、本体と同じカラーに仕上げた単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM(ホワイト)」のダブルレンズキットという商品構成で販売される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中