2018年 7月 23日 (月)

「2軸ブラケティング機能」搭載 EXILIM最高峰モデル「EX-10」

印刷

   カシオ計算機は2013年11月29日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」のフラッグシップモデルとして、撮影設定の異なる9枚を一度に撮れる「EX-10」を発売する。価格はオープン。

3.5型チルト液晶&フロントシャッター搭載

EXILIM EX-10
EXILIM EX-10

   シャッターボタンを一度押すだけで、「フォーカス」と「絞り」、「ホワイトバランス」と「明るさ」など2つのパラメータを変化させながら、合計9枚を連写する2軸ブラケティング機能を搭載。3.5型液晶画面は、上向き約180度、下向き約55度に開くチルト機構を備えるほか、前面下部にはフロントシャッターボタン装備し、さまざまなアングルでの撮影に役立つ。

   このほか、開放F値1.8の広角28ミリズームレンズ、1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサー、最新のEXILIMエンジンを装備する。

   ブルーブラック仕上げのボディーは、マグネシウム合金(前後面パネル)とアルミ合金(上面パネル)で構成され、ファンクションリングとモードダイヤルは、アルミニウム無垢材からの削り出しを使用するなど、細部に至るまで機能美を追求した。

   サイズは幅119.9×高さ67.9×奥行き48.6ミリ、重量は384グラム。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中