ウォークマン初の「ハイレゾ音源」対応 CDの3~7倍の情報量

印刷

   ソニーは2013年12月7日、CDの約3倍から7倍の情報量を持つというハイレゾリューション・オーディオ音源に初めて対応したウォークマン「NW-ZX1」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は7万5000円前後とみられる。

128ギガバイトの内蔵メモリー

「NW-ZX1」
「NW-ZX1」

   音声信号をフルデジタル処理し、ハイレゾ音源の再生に対応したフルデジタルアンプ「S-Master HX」や、圧縮音源をCD以上の音質にアップコンバートする「DSEE HX」を搭載するなど、高音質技術を多く取り入れた。

   音質に関わる電気部品の選定を行ったほか、電気回路のレイアウトを最適化することで、より繊細で力強い音で音楽を再生できるようになった。また、オーディオ基板をアルミニウム合金の削り出しによるモノコックボディーに精密に組み付け、音質に影響を与える電気的なノイズなどの不要な外乱に対して強い構造とした。

   128ギガバイトのメモリーを内蔵し、約800曲分のハイレゾコンテンツが保存できる。Bluetooth(ブルートゥース)のほか、Wi-Fi、NFC(近距離無線通信)に対応した。

   カラーは、シルバーのみ。サイズは幅60.7×高さ122.8×奥行き15.3ミリ、重量は約139グラム。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中