2.1chスピーカーの「レトロなラジオ」なのに…スマホやPCも対応

印刷

   ティアックは2013年12月上旬、CDやラジオも楽しめる2.1チャンネルスピーカーシステム「SL-D930」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は2万4800円前後。

ブルートゥース搭載

SL-D930-R(レッド)
SL-D930-R(レッド)

   レトロなラジオを彷彿させるデザインを取り入れたスピーカー。ブルートゥースレシーバーを本体に内蔵し、スマホやパソコンからワイヤレスで伝送した音楽ソースを再生できる。

   フロントスピーカーに65ミリ径ユニットを、底面に80ミリ径のサブウーファーを搭載し、「サイズを超えた重低音」が楽しめる。音をクリアに響かせるためのスピーカーチャンバーも装備した。

   天面にはCDプレーヤーを備え、AM/FMラジオの受信も可能だ。本体カラーに合わせた専用リモコンが付いている。

   カラーは、レッド、ブラック、ホワイト、シルバーの3種類。サイズは幅340×高さ190×奥行き230ミリ、重さ5.1キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中