聞く位置に合わせる新モード搭載 JVC4.1chワイヤレススピーカー

印刷

   JVCケンウッドは2013年12月上旬、JVCブランドから、Wi-Fi機能内蔵のワイヤレススピーカー「SP-AP1」を発売する。価格はオープン。

広いエリアで楽しめるワイドモードも

カラーはブラックのみ
カラーはブラックのみ

   ボックス内の4隅に配置した独立構造のスピーカーと、底面に配置した13センチ径サブウーファーをそれぞれ専用アンプでドライブする4.1チャンネル構成を採用。ワンボックスボディーのキャビネットには剛性を高める厚さ9ミリのMDF(中密度繊維板)を使用し、クリアな中高域からキレのよい低域まで音楽をバランスよく再現する。

   また、本機の正面方向、左側、右側、それぞれ聞く位置に合わせて音場を変えられる、新開発のリスニングポジションモードを搭載した。広いエリアで音楽を楽しみたい時に便利なワイドモードも備える。

   ブラック光沢仕上げのスクエアなデザインと、底面を照らすダウンライトの光が心地よいインテリア空間を演出する。

   サイズは幅290×高さ170×奥行き290ミリ、重量は約5.4キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中