2018年 7月 23日 (月)

厳選パーツキットで「より高音質」に パナソニック、500台限定ミニコンポ

印刷

   パナソニックは2013年12月13日、ハイレゾ音源対応のCDステレオシステム「SC-PMX9」をベースとして、より上質なサウンドを実現したモデル「SC-PMX9LTD」を、500台限定で発売した。価格はオープン。

クリアな音を再現する「LincsD-Amp」採用

「SC-PMX9LTD」
「SC-PMX9LTD」

   前面のUSB端子に装着することで本体内部の電源ノイズを低減し、音質を高める「特製USBパワーコンディショナー」、重量のある本体と、上下の制振材のハイブリッド構造により、不要な振動を低減する「特製真ちゅうインシュレーター」、アンプ出力ロスの低減で高音質化を実現する「4芯スピーカーケーブル」、電力ロスを減らして高音質化に貢献する「OFC電源コード」という、厳選した4種類の高音質パーツキットが付いている。

   また、センターユニットの色をシルバーから高級感あるブラックに変更。アンプには、デジタル―アナログ変換回路搭載の「LincsD-Amp」を採用し、雑音や歪みを抑えてクリアな音を再現する。ブルートゥースに対応しており、スマホなどの対応機器に保存した音楽をワイヤレスで再生できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中