2018年 7月 19日 (木)

新しいスノーシュー…食べ物ではなくダイエットに使います

印刷

   自転車やアウトドア用品の開発・販売を手がけるビーズ(大阪府東大阪市)は2013年12月、同社のDOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)ブランドから、気軽なウィンターレジャーとして注目されているスノーシュー2014 年モデルを発売した。

全身のコーディネートにも配慮

スノーシュー2014年モデル
スノーシュー2014年モデル

   スノーシューは雪上で足が沈み込むことなく、らくらくと歩行することのできる道具。新潟県の池の平スノーシューイングガイド協会によると、スノーシューは雪の上を歩くだけの手軽さながら、ウォーキングの2~5倍の運動量があると言われている。

   2014 年モデルでは、流行柄や色を取り入れ、おしゃれ感覚で始められるようなデザインとした。同じ柄・色のトレッキングポールとのセットも発売し、全身のコーディネートにも配慮している。

   価格はスノーシューのみのタイプで9030円から1万290円。トレッキングポールとのセットは1万3650円から1万4910円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中