京都の冬の風物詩、今年も…「すぐき」3月まで

印刷

   13年12月10日、賀茂のすぐき販売所(京都市)は、今年も冬限定で「すぐき漬け」の販売を開始した。

千枚漬、しば漬と並ぶ伝統の味

盛り付け例
盛り付け例

   「すぐき」はかぶらの一種で、千枚漬、しば漬と並んで京都三大漬物と呼ばれているが、京都の上賀茂・西賀茂地区の農家でしか漬けておらず、京都以外にはあまり流通していないため知名度は低い。

   冬しか漬けることができないため、12月から3月頃のみの販売。

   切っていない丸のままの「すぐき」を1個単位で販売するため、重さと価格は商品によって異なるが、1個(約340g)、1050円~。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中