2018年 7月 19日 (木)

京都の冬の風物詩、今年も…「すぐき」3月まで

印刷

   13年12月10日、賀茂のすぐき販売所(京都市)は、今年も冬限定で「すぐき漬け」の販売を開始した。

千枚漬、しば漬と並ぶ伝統の味

盛り付け例
盛り付け例

   「すぐき」はかぶらの一種で、千枚漬、しば漬と並んで京都三大漬物と呼ばれているが、京都の上賀茂・西賀茂地区の農家でしか漬けておらず、京都以外にはあまり流通していないため知名度は低い。

   冬しか漬けることができないため、12月から3月頃のみの販売。

   切っていない丸のままの「すぐき」を1個単位で販売するため、重さと価格は商品によって異なるが、1個(約340g)、1050円~。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中