「アサヒスーパードライ」の味が進化 26年前の発売以来初

印刷

   アサヒビールは2013年12月12日、同社の主力である「スーパードライ」の味を、1987年の発売以来初めて「進化」させると発表した。

   高度な酵母管理技術「S-3(エススリー)」の導入により、辛口のうまさをそのままに「キレ」と「泡のきめ細かさ」を向上させるという。

"辛口"のうまさはそのまま

「アサヒスーパードライ」が進化
「アサヒスーパードライ」が進化

   酵母はビールの醸造において重要な役割を果たす。「S-3」の導入で、発酵力に優れ、またビールの泡を分解する酵素の溶出量が少ない酵母を厳選でき、これにより、"辛口"のうまさはそのままに、"キレ"と"泡のきめ細かさ"をそれぞれ1割向上させることが可能となるという。

   12月下旬から順次切り替え。パッケージもリニューアルし、ラベル中央に「洗練されたクリアな味、辛口。」という文字を大きく載せて、「スーパードライ」の特長をストレートに訴える。

   「スーパードライ」は、"辛口""ドライ"という従来にはない新しいビールの味わいや価値を提案した商品として、1987年3月17日に発売。発売3年目の89年に初めて年間販売数量1億ケースを達成して以来、24年連続で毎年1億ケース以上を販売し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中