2018年 7月 16日 (月)

外観をスポーティーに、安全性を向上 Cクラス特別仕様車

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は2013年12月17日、メルセデス・ベンツCクラスの特別仕様車「C 180 エディション C」(セダン/ステーションワゴン)を発売した。メーカー希望小売価格は、セダンが434万円、ステーションワゴンが454万円。

高い安全性と快適性を両立

C 180 エディション C(セダン/ステーションワゴン)
C 180 エディション C(セダン/ステーションワゴン)

   アバンギャルドデザインのフロントグリルに専用ダークヘッドライトユニットを組み合わせてフロントマスクの力強い印象を高めるとともに、足元に専用デザインの17インチ5スポークアルミホイールを採用し、スポーティーなエクステリアを演出した。インテリアは、レザーARTICO/DINAMICAのコンビネーション素材の専用スポーツシートに、アルパカグレーとブルーのステッチを施したほか、本革巻きステアリングやシフトノブなどの随所にアルパカグレーのステッチを施した。

   また、5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラを使って、周りの車両との衝突の危険を低減し安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」に加え、走行状況や天候に応じて最適な視界を確保するインテリジェントライトシステムなどを含めた「アドバンストライトパッケージ」を装備し、高い安全性と快適性を両立した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中