2018年 7月 21日 (土)

ナンチャッテ?図書貸出カード 「記憶」がよみがえるしおり

印刷

   クリエーターが立ち上げた!"一人文具メーカー"Beahouse(ベアハウス=京都市)は、図書館の貸出カードを模した「読書記録しおり ワタシ文庫」を2013年12月18日に発売した。

印刷をあえて雑に

ノスタルジックなデザイン
ノスタルジックなデザイン

   学校の図書室や図書館の貸出カードのデザインをモチーフにしたしおりで、読んだ本のタイトル、著者名、日付、感想などを記録できる。

   「いつか見た貸出カード」のイメージを再現するため、「ケナフ100GA」という独特の風合いを持つ紙を選んだ。印刷をあえて雑にすることで、活版印刷の雰囲気を表現。専用のポケット封筒は、図書館グッズメーカーが販売するものを採用した。細部にまでこだわった「ノスタルジックな貸出カード」。

   販売価格は472円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中