日産「セレナ」ビッグマイナーチェンジで先進安全装備を標準化

印刷

   日産自動車は2013年12月25日、ミニバン"販売台数ナンバーワン"の「セレナ」を先進安全装備を標準化するなどビッグマイナーチェンジを施し、発売した。

幅広い運転シーンで安全・安心をサポート

ハイウェイスターG S-HYBRID
ハイウェイスターG S-HYBRID "アドバンスドセーフティ パッケージ"

   先進安全装備としては、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を「20S」を除く全グレードに標準装備。また、「MOD(移動物 検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」を、アドバンスドセーフティパッケージとして設定、駐車場から高速道路まで幅広い運転シーンで安全・安心をサポートする。

   エクステリアデザインは、フロントからリヤまでデザインを一新し、上品さ、エレガントさに加え、力強さと高級感を表現。全車、立体的で存在感のあるフロントグリルと二段構えのヘッドランプを採用した他、フードやフェンダー、バンパーのデザインも一新した。

   さらに、フロントドアにスーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用し、フロントウィンドウに開放感と防眩を両立するトップシェード、3列目シートにパーソナルテーブルを採用した。

   ボディカラーは、暖色系カラー2色を含む5色の新色を追加し、全9色を設定した。希望小売価格は218万4000円から301万8750円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中