メビウス、Windowsタブレットで復活 IGZO液晶搭載、約15.5時間駆動

印刷

   シャープは2014年1月31日、10.1型IGZO液晶ディスプレーを搭載したWindowsタブレット「Mebius(メビウス) Pad」を発売する。

   Windows8.1 Pro搭載の「TA-H10L-B」と、Windows8.1、Microsoft Office Home and Business 2013搭載の「TA-S10L-B」の2モデル。

防水・防塵にも対応

Mebius Pad「TA-H10L-B」「TA-S10L-B」(画面はハメコミ合成)
Mebius Pad「TA-H10L-B」「TA-S10L-B」(画面はハメコミ合成)

   解像度2560×1600ドット、画素密度約300ppiのディスプレーは、表計算などで一覧性の高い表示ができるほか、画像や文字を細部まで美しく表示する。また、1画素あたりの光の透過量を高めることによる、IGZO液晶の優れた省エネ性能を利用し、約15.5時間の長時間駆動を実現。防水・防塵にも対応した。

   外出先でも高速ネット接続が可能なLTE通信モジュールを内蔵。利用環境に合わせ本体設定が手軽に行えるユーザーインターフェース「QuickAgent」など、モバイル環境での便利な機能を備える。載せるだけで手軽に充電できるクレードルが付属。スタンドとしても活用できる。

   サイズは幅265×奥行き171×高さ9.5ミリ、重量は約595グラム。

   Mebiusはシャープのパソコン(PC)ブランド。同社は10年にPC生産からの撤退を表明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中