スズキ「GSR250」にハーフカウル仕様が登場 高い防風効果

印刷

   スズキは2014年1月10日、力強く存在感のあるスタイリングと、扱いやすいエンジン特性を特長とするロードスポーツバイク「GSR250」のハーフカウル仕様「GSR250S」を発売する。

ハンドル形状と位置も変更

「GSR250S」
「GSR250S」

   「GSR250S」は、街乗りからツーリングまで幅広く使えるバイクとして好評を得ている「GSR250」(2012年発売)に、高い防風効果を発揮するハーフカウルを装備したモデル。走行試験を繰り返して開発された、鋭い造形のハーフカウルは、堂々としたスタイリングをより強調し、力強い形状を実現しながら防風性と快適性を高めている。

   また、ハンドル形状を変更し、さらに「GSR250」と比べて高く手前の位置とすることで、高速走行や長距離ツーリングなどでより快適な、前傾の少ない乗車姿勢を実現。左手元にはハザードランプスイッチを設置した。

   ボディーカラーは、青「トリトンブルーメタリック」と黒「パールネブラーブラック」の2色を設定。

   メーカー希望小売価格は47万8800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中