2018年 7月 18日 (水)

キャップに工夫…児童が使いやすいスティックのり

印刷

   トンボ鉛筆は2014年1月中旬、小学生の子どもを持つ保護者の心づかいを取り入れた学童文具シリーズ「ippo!(イッポ)」から、低学年でも開けやすく、学習机で転がりにくい工夫をした固形のり(スティックのり)を発売する。希望小売価格は120円(税別)。

キャップ閉め忘れ防止の「お知らせカラー」採用

「ippo!固形のり」
「ippo!固形のり」

   キャップに約5ミリの突起を設けて引き抜きやすくなったほか、机の上での転がり防止にもなる。キャップをきちんと閉めていないと黄色い線が見えるお知らせカラーを採用した。

   キャップ上部には油性マーカーで名前が書き込めるスペースを配置。のりは、塗ったところに着いた色が時間が経つと消える「消えいろタイプ」。また、最後まで繰り出してものり受けが脱落しない「アンチドロップ機構」を備える。

   のりの容量は約10グラム。ボディーは、ブルーとピンクの2種類。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中