2018年 5月 23日 (水)

日中韓の味噌ダレが決め手 モス「辛味噌チキンバーガー」

印刷

   ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは2014年1月28日、期間限定商品の「辛味噌チキンバーガー」を発売する。価格は360円。

鶏もも肉は店でじっくりと直火焼き

「辛味噌チキンバーガー」
「辛味噌チキンバーガー」

   バンズの大きさにあわせて手でざっくりとちぎったキャベツに、直火焼きのチキンをのせ、3種の味噌をベースにした辛味噌ダレをかけたハンバーガー。

   醤油ベースのタレに漬け込んだ鶏もも肉(一枚肉)は、店でじっくりと直火焼きし、外側の皮はパリっと中はジューシーに焼き上げた。また、「辛味噌ダレ」には、関西地方で親しまれている「西京味噌」、中国料理の調味料のひとつ「テンメンジャン」、韓国料理に欠かせない「コチュジャン」という日・中・韓の3種の味噌を使用。これに、牛豚の合挽き肉、にんじん、たまねぎ、セロリ、トマト、赤ピーマン、黄ピーマン、生姜、ニンニクなどを混ぜ合わせ、具だくさんのタレに仕上げている。

   3月下旬まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中