SNSで「ドリンク」贈る スタバの新ギフトカード販売サービス

印刷

   スターバックス コーヒー ジャパンは2014年1月15日、インターネット上のギフトカード販売サービス「Starbucks e-Gift」を開始した。

メッセージも添えられる

「Starbucks e-Gift」
「Starbucks e-Gift」

   バーチャルのギフトカード(オンラインチケット)にメッセージを添えて、スマホやパソコンから友人などへ気軽に贈ることができるサービス。誕生日やバレンタインなど、イベントや季節に合わせたテーマの中からデザインを選び、メッセージを入力して、フェイスブックやmixi、LINEのメッセージ機能、電子メールで送信ができる。

   オンラインチケットを受け取った人は、全国のスターバックス店舗で、カスタマイズをしたものを含む500円までのすべてのドリンクと引き換えられる(500円を超える場合、超えた金額を支払う)。有効期限は、オンラインチケット販売日の4か月後の月末まで。

   同社公式ホームページのほか、1月31日からはミクシィが展開するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「mixi」上でも販売する。今後、販売チャネルを順次拡大していく予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中