2018年 7月 17日 (火)

ヤマハ「YZF-R1」 MotoGP「M1」仕様の新グラフィック採用

印刷

   ヤマハ発動機は2014年1月27日、モーターサイクルロードレースの世界最高峰クラスに参戦するMotoGPマシン「YZR-M1」の設計思想に基づく"クロスプレーン型クランクシャフト"エンジン搭載の「YZF-R1」について、グラフィックを変更した2014年モデルを発売する。

「YZR-M1」とのリレーションイメージ

「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)
「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)

   「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)の新グラフィックは、タンク部カラーとカウル部のグラフィックなどを変更、「YZR-M1」とのリレーションイメージを印象づけた。

   「ブルーイッシュホワイトカクテル1」(ホワイト)の新グラフィックはシンプルかつ、新しさとスポーティさを表現。左右非対称のフロントグラフィック、レッドピンストライプ入りホイールを採用した。レッド「YAMAHA」ロゴも、「ブルーイッシュホワイトカクテル1」のみとなっている。

   メーカー希望小売価格は141万7500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中