Webアクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector Ver. 4.0」発売

印刷

   アルプス システム インテグレーションはWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」のアクセスログ分析ソフト「InterSafe LogDirector(インターセーフ ログディレクター)」をバージョンアップし、2014年1月15日に発売した。

レポート・分析機能を強化

「InterSafe LogDirector(インターセーフ ログディレクター)」をバージョンアップ
「InterSafe LogDirector(インターセーフ ログディレクター)」をバージョンアップ

   最近では ストレージサービスやSNS、オンラインメモツールなど、クラウド上にデータをアップロードして情報共有したり、ファイルを保存したりできるサービスが増え、利用者も増大している。それとともに、こうしたサービスを介して個人情報や機密情報の漏えいの危険性も高まり、情報を取り扱う組織においては、利用状況を把握する必要性が出てきている。

   今回バージョンアップした「InterSafe LogDirector」は、レポート・分析機能を強化し、GmailやEvernote、Dropbox、Facebookなど、どのようなサービスで何を行ったのかを明らかにする。業務利用や私的利用の実態を調査・把握し、情報漏えいの未然防止にも役立てられるという。また、画面インターフェースもリニューアルし、操作性も向上した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中