キーコーヒー2月の珈琲探訪は「パプアニューギニア キガバー農園」から

印刷

   キーコーヒー(東京都港区)は、世界中から厳選された、希少性が高く品質の優れたコーヒー豆を同社の熟練した技術で焙煎し、その豆の持つ個性を引き出したこだわりの逸品である「珈琲探訪」の2月分として、2014年2月1日に「パプアニューギニア キガバー農園」を発売する。

豊かな苦みとクリアな味わい

青々と茂ったコーヒーの木
青々と茂ったコーヒーの木

   「パプアニューギニア キガバー農園」は、パプワニューギニアのマウント・ハーゲン地区にあり黒い泥炭質の土壌が特徴。肥沃な土壌によって育てられたコーヒー豆は、ユーカリなどにより強い直射日光から守られるなど、大切に育てられる。そのコーヒー豆からは、豊かな苦みと濃厚でクリアな味わいのコーヒーが生み出されるという。

   価格は100グラムあたり756円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中