2019年 5月 24日 (金)

【パリ発】フランスでラーメンブーム到来? 行列もできた、パリ・ラーメンウィーク

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2014年1月20日から6日間に渡り、パリのオペラ地区にあるレストランを会場に、日本のご当地ラーメンが日替わりで味わえるイベント「パリ・ラーメンウィークPARIS RAMEN WEEK ZuZutto」が開催された。会場前には毎日、行列ができ、完売のためラーメンを食べられずに帰った客もいるほどの盛況ぶりだった。

食の都パリで、日本の食文化としてラーメンを紹介

現地入りした、力の源カンパニーの河原成美社長
現地入りした、力の源カンパニーの河原成美社長

   パリ・ラーメンウィークをプロデュースしたのは、博多一風堂などのラーメン事業を展開する、株式会社"力の源カンパニー"。経済産業省が公募した、"平成25年度クールジャパン戦略推進事業"で、応募145件の中から採択された13件のプロジェクトの一つだ。

   同社執行役員本部長の山根智之さんは、「ラーメンを世界に広げることがこのプロジェクトの目的ですが、今回は、食の都パリで、ただラーメンを提供するだけではなく、食文化としてのラーメン、つまりその歴史や関わる人間などを含めて紹介します。また、ちばき屋の支那そば、とら食堂の白河ラーメンなどトラディショナルなものから、中村屋、ソラノイロなどの創作系まで、ラーメンの幅の広さを知ってもらえるように努めました」。

   当初目標は1日300~500食だったが、実際は600~700食が出て、特に4日目の一風堂のとんこつラーメンは870食を完売したそうだ。

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、日仏バイリンガルサイト『ビズ・ジャポン』http://www.bisoujapon.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれる―女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中