フリスクが「ガム」に 噛んでもSharpens You Up

印刷

   クラシエフーズは2014年2月17日、ミント錠菓「フリスク」ブランドから、フリスクタブレットと同じミント成分を含んだガム「FRISK gum<フリスク ガム> ペパーミント」を、コンビニエンスストア、駅売店で発売。

フレーバーが長時間楽しめる「ソフトセンター構造」採用

「FRISK gum<フリスク ガム> ペパーミント」
「FRISK gum<フリスク ガム> ペパーミント」

   フリスクらしいクールなテイストのペパーミント味。キシリトールコーティング技術により、ひとくち噛むと一瞬で強烈なミントのフレッシュ感が広がる。また、液体ミントをガムの内側にしみこませたソフトセンター構造を取り入れ、ミントフレーバーが長時間楽しめるようにしたほか、新タイプの冷感成分を使用している。

   パッケージは、ワンハンドで開閉できるスマートな缶ケース仕様で、ケースの背面には捨て紙をセットした。容量38グラム。

   希望小売価格は380円(税抜き)。

   スーパーマーケット、ドラッグストアでも3月10日から販売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中