ソニーのポータブルラジオレコーダーに 携帯型の新機種

印刷

   ソニーは、ICレコーダー機能を備えたポータブルラジオレコーダー「Rシリーズ」の新機種として、「ICZ-R100」を2014年2月8日に発売した。

充電できるスピーカークレードルが付属

クレードルを使えば、大音量で楽しめる
クレードルを使えば、大音量で楽しめる

   厚さ13.7ミリ、84グラムの小型、軽量化を実現することで、鞄や胸ポケットの中でも邪魔にならない。

   高密度フェライトバーアンテナを内蔵し、AM放送の受信ができる。FM放送は付属のヘッドホンをアンテナとして使えば、クリアな音声で受信できる。AM用ループアンテナ、FM用アンテナケーブルが付属しており、電波の弱い地域でも受信しやすい。

   スピーカークレードルには、バランスの良い音質を実現するバスレフ機構を用いた。外部アンテナを搭載し、ラジオなどを大音量で聞ける。本体をクレードルに挿せば、ラジオを聞きながらでも充電できる。

   内蔵メモリーは8ギガバイトで、最大約357時間の録音ができる。別売のメモリーカードを使えば、さらに長時間の録音ができる。

   時報に合わせて時計を補正する機能があり、録音ズレが防げる。

   録音した音声の再生スピードを不自然さなく変えられるので、語学学習にも使いやすい。独自の「おまかせボイス」機能により、録音時には音量が自動で調整される。

   価格はオープンだが、市場推定価格は2万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中