2018年 7月 23日 (月)

ジープ・チェロキー新型を春に発売 9速ATを初採用

印刷

   フィアット クライスラー ジャパン(東京都港区)は2014年春に、同社の代表的SUV(スポーツ用多目的車)「Jeep Cherokee(ジープ・チェロキー)」の新型モデルを発売することを決めた。

オンロードでもオフロードでも

未来志向の外装
未来志向の外装

   新型ジープ・チェロキーの最大の特長は、ジープとして初めて9速オートマチックトランスミッションを採用したこと。ジープならではの四輪駆動システム「4×4性能」に加えて、卓越したオンロードでの乗り心地とハンドリング性能や、先進的な安全・セキュリティ装備を備えた。

   インテリアは以前のデザインを継承しつつ、より上質な素材や流麗な造形、新鮮な色彩にこだわり「新たな世界観を築いた」一方、エクステリアは逆にこれまでのの概念を覆す、より未来志向なデザインになったという。

   販売開始日、価格などの詳細は、今春の販売開始に関する発表時に公表される。

   米国では13年10月から新型を展開。さまざまなメディア好評を博しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中