2018年 7月 19日 (木)

「香るバルサン」登場 煙出さない霧タイプ、火災警報器も作動せず

印刷

   ライオンは2014年2月26日、さわやかな香りで使用後のイヤなニオイが残らず、火災警報器が反応しない霧タイプの殺虫剤「香るバルサン」を発売する。

選べる2種類の香り

使用後のニオイも気にならない
使用後のニオイも気にならない

   近年は一般家庭でも火災警報器の設置が義務付けられたため、煙が出ず火災警報器が作動しない殺虫剤が求められている。

   今回発売されるのは「霧タイプ」で、煙も熱も出さないミクロの霧が部屋の隅々まで広がり、隠れているゴキブリ・ダニ・ノミなどに優れた駆除効果を発揮する。さらに、使った後にイヤなニオイが残らず入室時に「フレッシュローズ」または「クリアシトラス」が香るよう、不満の声が多いニオイにも対処した。

   希望小売価格は、6~10畳用46.5グラムで730円(税抜き)から。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中