2018年 7月 16日 (月)

撮影できるデジタル顕微鏡 ルーペ代わりにもなる手のひらサイズ

印刷

   通販サイト「サンワダイレクト」を展開するサンワサプライは2014年2月12日、手のひらサイズの「デジタル顕微鏡400-CAM010N」を発売した。

素早く撮影できる

扱いやすいデジタル電子顕微鏡
扱いやすいデジタル電子顕微鏡

   デジタル顕微鏡「400-CAM010」を使いやすく改良した。

   ピント調整のフォーカスリングが軽く回しやすくなり、大きな容量の写真データ(8メガバイト)にも対応可能になった。4秒かかっていた起動時間が1.5秒まで短くなり、素早く撮影できる。

   最大500倍の倍率で拡大ができ、被写体の細部まで確認できるモニタ付きのデジタル顕微鏡。電子顕微鏡として植物や昆虫の観察に、また文字を拡大してルーペ代わりにも使用できる。デジカメのように立体物も撮影可能。

   画面は小型の筐体でも見やすい大きめの2.7インチ液晶。microSD(HD)カードを挿入すれば撮影した写真や動画を保存できる。付属のUSBケーブルを使えばパソコンへのデータ転送も可能。

   サイズは幅118センチ、高さ63センチ、厚さ31ミリメートルの「てのひらサイズ」。

   価格は1万1800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中