パナソニックが「XP継続利用のセキュリティリスク軽減」崖っぷちセミナーを開催

印刷

   パナソニック ソリューションテクノロジーは「Windows XP サポート終了直前! 崖っぷちユーザー救済セミナー ~これで移行も継続も心配無用!~」セミナーを大阪で2014年2月21日と3月10日、福岡で2月28日に開く。

Windows XPのサポート終了は4月9日と間近に

参加は無料、事前登録制
参加は無料、事前登録制

   企業の情報システム担当者が対象。マイクロソフト社によるWindows XPのサポート終了は4月9日と間近に迫っている。しかし、同社によれば新しいOSへの移行の必要性は認識しているものの、コスト面や人手不足などの条件が重なり、現在も移行作業が完了できていない企業は多い。そこで、「Windows XPからの移行を低予算でスムーズに実現する方法に加え、サポート終了後も継続して利用する場合に備えたセキュリティリスクの軽減策をあわせてご紹介」するという。

   参加は無料、事前登録制で、各日程 10社(1社2人まで)限定。申し込みはサイトから受け付ける。会場は、大阪がパナソニック ソリューションテクノロジー 西日本支社(中央区城戸)、福岡が福岡パナソニックビル(博多区博多駅南)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中