2020年 12月 5日 (土)

【BOOKウオッチ】
「和食のおもてなし」で日本復活 「葉っぱビジネス」に負けるな

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   料理に添える「つまもの」の生産販売で年商2億円を超える徳島県上勝町の「おばあちゃんの葉っぱビジネス」は、地域活性化の成功モデルとしてすっかり有名になった。地方の疲弊が叫ばれて久しいが、過疎化や高齢化に負けない元気を取り戻した秘密はどこにあるのか。ふるさと再生と日本復活のヒントをさぐる。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

ハコモノだけでは地域は再生しない

まちの幸福論  コミュニティデザインから考える
まちの幸福論 コミュニティデザインから考える

『まちの幸福論 コミュニティデザインから考える』

   地域の活性化対策といえば、公園をつくったり、多目的ホールをつくったりと、ハコモノを増やすのがこれまでの行政の手法だったが、期待通りの効果はあったのか。そうでなかった負の遺産が全国のあちこちで見られる。では、どうすればいいのか。 NHK出版の『まちの幸福論 コミュニティデザインから考える』(著・山崎亮、NHK「東北発☆未来塾」制作班、1365円)は、地域に住む人たちがその使い道や活用法を自分たちで考えることの大切さを説く。

   コミュニティデザインとは、地域の課題解決のために「人がつながる仕組み」をつくること。著者の山崎氏はコミュニティデザイナーとして各地のまちづくりをサポートしてきた。震災後の日本を考えるNHK Eテレの番組にも出演、そのドキュメントも収録している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!