【書評ウォッチ】笑ってしまう赤裸々な本心 NHKの「お友達人事」構造とは

印刷

   NHKが話題になるときは、いつもロクなことではない。今回も新会長が従軍慰安婦問題について売春宿を引き合いに「どこでもある」とのたまったり、経営委員が都知事選の応援演説で他候補を「人間のクズ」と決めつけたり。笑ってしまうぐらい赤裸々な本心が飛び出した。大手商社の元副社長、今をときめく人気作家、どこそこ大学の女性名誉教授と立派なお人がそろっているのに、なぜ? その答えを一つ『NHKvs日本政治』(エリス・クラウス著、東洋経済新報社)が示してくれる。

   会長を選ぶのは経営委員会だが、その委員を任命するのは総理大臣。予算承認を得るために与党と官僚に気を使う構造もある。一連の出来事を機会に、この際NHKの仕組みを知っておこうではないか。【2014年2月16日(日)の各紙からⅡ】

これで通ってしまう恐ろしさ

『NHKvs日本政治』(エリス・クラウス著、東洋経済新報社)
『NHKvs日本政治』(エリス・クラウス著、東洋経済新報社)

   とにかく、すごい。籾井勝人新会長は従軍慰安婦問題のほか、特定秘密保護法について「(国会で)通ったこと。あまりカッカする必要はない」、国際放送について「政府が右と言っているものを左というわけにはいかない」。しかも、物議をかもすと「では、いま全部取り消します」。無責任な放談並みの内容と身の処し方。もっとすごいのは、彼自身の振る舞いよりもこれで通っていること自体の恐ろしさだ。

   経営委員長が節度を求めたそうだが、馬脚をあらわした新会長も問題の委員もぬけぬけと居座り続け、何事もなかったように放送がつづく。「背景には公共放送の危機的状況がある」と、朝日新聞読書面で評者の武田徹さんが指摘している。

新会長個人の問題ではない

   本はNHK政治報道の特徴を先進諸国の放送機関と比べている。その一つが「国民の利益を積極的に守る無私な守護者として官僚機構を描いていること」だという。なーんだ、新会長発言以前からとっくに「政府に右ならえ」ではないか。そういえば、隠れた事実を独自取材によって明らかにする調査報道もほとんどなし。もう新会長個人の問題ではない。

   首相の「お友達人事」で選ばれる経営委員制度の構造をしっかりと見ておかなければいけない。この読書面によれば、『NHK』(松田浩著、岩波新書)や『NHKと政治』(川崎泰資著、朝日文庫)などの解説書は、いま新刊では買えないらしい。世間の関心が遠ざかると、「政府に右ならえ」のお人ばかりが放送を主導することになりかねない。

   心ある記者や問題意識を持つテレビマンもきっといるはずだ。彼らが萎縮しないことと、力を自由に発揮できる態勢の整備を祈りたい。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中