「ご飯がススム キムチ」味の「餃子」と「焼売」 おかずにおつまみにも

印刷
(上)「ご飯がススムキムチの味 餃子」、(下)「ご飯がススムキムチの味 焼売」
(上)「ご飯がススムキムチの味 餃子」、(下)「ご飯がススムキムチの味 焼売」

   「ご飯がススム キムチ」で知られるピックルスコーポレーション(埼玉県所沢市)は、みまつ食品(群馬県前橋市)と共同で、「ご飯がススムキムチの味」シリーズとして「餃子」と「焼売」を開発、2014年3月1日に発売する。売れ筋商品である「ご飯がススム キムチ」味を再現した野菜餃子と野菜焼売。ピリ辛でうま味のきいた味わいの餃子と焼売は、ご飯のおかずにもビールのおつまみにもぴったりという。製造・販売は、みまつ食品が行う。

   内容量は、餃子が25グラム×6個、焼売が15グラム×10個。参考価格は各227円(税抜き)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中