「アンディ・ウォーホル展」仕様のカフェ 六本木ヒルズ展望台に期間限定登場

印刷

   六本木ヒルズ展望台、東京シティビュー(東京都港区)では2014年3月1日から、展望回廊内に位置するカフェ「マドラウンジ スパイス」に、六本木ヒルズ内の森美術館で行われている「アンディ・ウォーホル展」の関連企画として、「Andy Warhol Cafe」(アンディ・ウォーホル・カフェ)をオープンする。

コラボレーションメニューも

「Andy Warhol Cafe」イメージ
「Andy Warhol Cafe」イメージ

   「森美術館10周年記念展 アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」は2月1日から、5月6日までの日程で同美術館で開催中。

   カフェのインテリアは、人工芝が敷かれ、ウォーホルの作品にちなんだ特別仕様となり、海抜250メートルという森タワー52階からの眺望とともに、ウォーホルの作品の世界観が楽しめるという。通常のカフェメニューに加え、展覧会とのコラボレーションメニューも登場する。

   ウォーホル展または展望台入場料(一般1500円)が必要。営業時間は、月・水~日曜日の午前11時~午後11時、火曜日は午前11時~午後5時。

   5月6日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中