狙った獲物を逃さない鷲の目を持つデジカメ オリンパス、ドットサイト式照準器を世界初搭載

印刷

   オリンパスイメージングは2014年3月下旬、光学50倍のズームレンズのほか、デジタルカメラとして世界で初めてドットサイト式照準器を搭載した「OLYMPUS STYLUS SP-100EE(ダブルイー)」を発売する。価格はオープンだが、直販価格は5万4980円。

92万ドットの電子ビューファインダーも

「OLYMPUS STYLUS SP-100EE」
「OLYMPUS STYLUS SP-100EE」

   35ミリ判換算で24-1200ミリをカバーする光学50倍ズームレンズや、レンズシフト式手振れ補正機能を採用した。スーパーマクロ機能により、被写体に1センチまで近寄って撮影できる。

   望遠でも被写体をしっかり捉えるドットサイト式照準器を内蔵。同社一眼カメラ「OM-D」のペンタプリズムの形をモチーフにした軍艦部に、ドットサイト式照準器とフラッシュが格納されており、ワンタッチのレバー操作で素早く立ち上がる。製品名の最後の「EE」は、狙った獲物を逃さない鷲の目になぞらえて、「Eagle's Eye(イーグルズアイ)」を意味している。

   また、92万ドットの電子ビューファインダー(EVF)を装備。その位置やアイピースの大きさ・形状も細かく計算され、ボディーと顔が接触しにくく、撮影に専念できるデザインになっている。

   有効画素数1600万画素。カラーはブラックのみ。サイズは幅121.2×高さ91.3×奥行き133.2ミリ、重量は589グラム(撮影時)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中